雨が降る度に

西日本豪雨の後は異常気象なのか連日37度の猛暑日が3週間ほど続きましたが、

今度は台風直撃かもということで再び土嚢を積み上げました。

 

 

近所の人も誰もが対策をしておられました。

 

 

積みながらも、こんなにまで土砂は流れてこないはずと思うのですが、

やはり最悪の光景を考えるとやらなければいけないとかぶりを振るのです。

 

 

結果的には予想された雨量は降らなかったのですが、

それでも結構な量の土砂が流れ落ちて来ていて川の底に溜まっていました。

 

 

それを見ると何とも言えない気持ちになりました。

 

 

これから雨が降る度にこれを繰り返すかと思うとしんどいなぁと思います。

 

 

 関連記事:西日本豪雨復旧作業いまだ途中避難とはなかなか難しい