喜びを感じながら

暖冬で2月とは思えない感じです。

 

 

設計の打合せでは組合交渉のような場面もありますが、

基本的には完成した時に互いに喜び合えることが多いものです。

 

個人の場合も組織の場合も互いの主張を話し合うわけですから、

多少相手に不愉快な思いをさせてしまったかもと後悔することもあります。

 

建物が完成した時、お互いに喜び合えること、ともに作る喜びが大事なのではないかと思います。

 

とかく現代は早いのですが、ものつくりの楽しさを味わうこともよいと感じています。