相談実例1~3


例3


質問メール

 初めてメール致します。東京S区に住んでいるMと申します。この度、妻の実家のある広島で妻の両親を介護するために家を新築したいと考えています。現在サラリーマン(大手ハウスメーカー勤務)で、あと3年で定年を迎える予定ですが、完成時期についてはこだわりはありません。

 

(中略) 自分の思いは、木造の2世帯住宅の外断熱で、家の中の気温差を玄関であっても1,2度程度にしたい(エアコンはなしで)のですが可能でしょうか。また、業者はそちらと関係のないところでも設計監理してもらえますか。業者は設計事務所がいない方がよいと言っています。(中略) 4月に広島へ帰るのでお会いできますか。ご返事をお待ちしております。

回答メール

 連絡ありがとうございます。A.R.C建築事務所の山本です。

(中略)ご質問の内容ですが、まだ漠然としたところがありますが、私なりにお答えします。外断熱についてですが、一般的には木造よりもコンクリート造のほうが熱容量が大きく適しています。木造の場合、正確には外張り断熱ということになります。しかし、玄関でも気温差がほとんどないというのは限界があると思います(気温を正確に計測したことはありませんが)。木造でその性能を確保するのは厳しいと言えます。木造にしたいとお考えの理由をお聞かせ下さい。

 

 施工者についてですが、監理というのは共同作業ですのでこちらの言うことを聞いてくれる耳を持たないと良いものは作れないと考えています。つまりは人次第です。施工者に設計事務所と仕事した経験が無ければ難しい面が出てくると思います。以前にそのような状況で仕事したことはありますが・・・。

(中略)

 以上が勝手な解釈も含めた回答です。いくらか断定的な部分もありますがお許し下さいませ。 


例2


事前に御夫婦(30代)で当事務所に来られ、建物の耐久性や地震などについて話した経緯があり、設計の必要性を感じておられました。某ハウスメーカーとの話もかなり進んでいる様子でしたが、どの様にすればよいかわからないので色々と聞きたいとのことでした。ほぼ、そちらに決まっているなぁと感じていましたが、予算が合っていないので迷っておられる様子でした。

 

質問メール

 突然のメールで申し訳ありません。また、以前お話を聞いたにもかかわらず長い間ご挨拶もしていないことを深くお詫び申し上げます。(中略)あのタイミングで聞けたことでより深く考えることが出来ました。

 

 あれから私ども家族で時間をかけて相談した結果、長期間にわたりより快適な住まいを建てるには広島のことをよく御理解されている御社にお願いするのが一番かと考えました。調べてわかったこともありましたが、未だにわからないことも多いのです。今後、家を建てていくに当たり何かこちらからアプローチしていくことがあれば御教授いただければ幸いです。

 

 また、今後のやり取りでこうして欲しいという点をメールでお伝えしても構いませんでしょうか?これまで遠方で建てられた方は、打合せはどのようにされていたのでしょうか?御教授いただきたいです。

 

 師走のお忙しい中、勝手ながらメールで失礼致しました。今後も何卒宜しくお願い致します。

回答メール

 お久しぶりです。A.R.C建築事務所山本です。

 先日来よりずっと気になっておりましたが、御下命いただきありがとうございます。ご期待に添えるよう、腕を振るいたいと思います。

 (中略)

 一度お会いする前にイメージを掴んでおきたいためです。

 メールでやり取りでは、お互いの意思疎通がはかれないこともあるので、何度かに一度は実際にお会いして打合せしたいです。当方がそちらにお伺いしますのでご心配なく。

 寒い折、風邪などひかぬよう、お体ご自愛下さいませ。


例1


工事が始まってからのメールです。進捗状況に合わせて早めに打合せて決めていく様子がよくわかると思います。工事中に変更したくなることは誰でもありますし、設計図の疑問点はその都度お聞きいただければ結構です。

 

質問メール

 先日はお世話になり、有難うございました。満場一致(笑)でタイルの色を決定することができ、家造りを一歩進めることが出来たように思えて嬉しかったです。今後もよろしくお願いします。

 また、お伝え、お願いしたいことがありますので連絡致します。

 

1)10月下旬に台所東側にある壁付カウンターの高さを現場確認してきました。やはり1mでお願いします。またトイレ内の手洗台、主婦作業室の洗面化粧台の洗面ボールの位置を変更したいです。もう無理でしょうか。

2)3階ベランダの棚等のカタログを見せて頂きたいのですが、一緒に床や壁紙のカタログも見てみたいです。

3) 設計図(青い図面書)には3階ベランダが「木製デッキ」とありますがどんなものなのでしょうか。手入れなどは必要でしょうか。

 

 以上お伝え致します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

回答メール

  連絡ありがとうございます。A.R.C建築事務所 山本です。

タイル色はやわらかい感じがして、みなさんに喜んで頂き嬉しく思います。外部足場を取り払う時が今から楽しみですね。

 

 問い合わせについては以下のように考えます。

1)品番と位置の変更を了解致しました。昨日現場へ行ったときには、配管まだでしたので間に合います。

2)ベランダの棚についてはカタログを準備中ですが、作ることも可能です。中に入るものは概ね決まっているので制作したほうが使いやすそうです。予算もほとんど変わらないので次回、提案致します。その他カタログも準備しますが、壁紙は種類がとても多いので初めて見て選ぶのは大変です。ある程度任せて頂きたいので今度説明致します。

3)木製デッキとは屋外用の堅木(南洋材を輸入したもの)です。イぺやウリンと言われる名称のものです。手入れは必要ですが、雨が直接振り込む訳ではないし、直射日光も一部だけなので大変手がかかる訳では無いと考えます。サンプルを用意しておきます。

 

 以上取り急ぎ連絡致します。