ソロモン・R・グッゲンハイム美術館


 

ニューヨークにある美術館で、ライト設計のらせん形状と白い外壁が特徴です。まずは一番上の階に上がり、スロープを廻りながら下りてくる方式での閲覧でした。

 

この様な方式は他では見られず絵をゆっくり鑑賞するには疲れましたが、現代美術にはこれも良しの感じでした。

 

外観1
外観1
外観2
外観2

外観は丸い輪が重なって見えます。

内部に入ります。

トップライト
トップライト

天井を見上げる。上部から自然光を入れて、布を垂らして光をやわらかに。

内部の様子

内部の中央は吹抜けです

エレベータホール

エレベーターホールを見る。

やわらかい 光

エレベーターで上がったところから見るとこんな感じでした。

頂部より

吹抜けを見下ろす。

階段でも下りることができます。

柱脚部
柱脚部

足元の石はこんな具合。

外観3
外観3
N.Y.の街並み
N.Y.の街並み

おまけ。テロの1か月前だったので奥にWTCが見えます。